EURO 2008 イタリア Vs ルーマニア  ~首の皮1枚。

崖っぷちのイタリアは初戦フランス相手にどん引きカウンターで引き分けたルーマニアとの対戦です。
もしイタリアが負けると2大会連続でグループリーグ敗退となります。

イタリア【1ー1】ルーマニア  【レツィグルント】

画像【スターティングメンバー】
【イタリア】
GK:Buffon
DF:panucci、Grosso、Chiellini、Zambrotta
MF:Pirlo、De Rossi、Camoranesi、Perrotta
FW:Toni、Del Piero

【ルーマニア】
GK:Lobont
DF: Contra、Rat、Tamas、Goian
MF:Radoi、Petre、Codrea、Chivu
FW:Niculae、Mutu
【得点】
【イタリア】
(56') Deco
【ルーマニア】
(55') Sionko
【交代】
【イタリア】
(57') Cassano (in) → Perrotta (out) (77') Quagliarella (in) → Del Piero (out) (85') Ambrosini (in) → Camoranesi (out)
【ルーマニア】
(25') Dica (in) → Matejovski (out) (60') Nicolita (in) → Petre (out) (88') Cocis (in) → Mutu (out)


その他サッカーネタはにほんブログ村からどうぞ!!にほんブログ村 サッカーブログ 海外サッカーへ


■感想


イタリアはオランダ戦からかなりメンバーをいじってきました。
まぁ当然ですかね。

不甲斐なかったDFラインをパヌッチ、キエリーニ、グロッソ、ザンブロッタに変更。
中盤にはデ・ロッシ、ペロッタ、デルピエーロを入れて来ました。表記的にはデルピエーロは左ですが、ほとんどトップ下ですかね。
変則2トップなのかな?攻撃時にはデルピエーロが中に入ってる事が多かったです。

やけにカモラネージが左によってるのが気になっていた前半でした。


オランダ戦が非常に悪かったのですが、この試合はだいぶ改善されてました。
トーニをターゲットにチャンスを作ってましたが、ルーマニアGKのロボンツの好セーブもあって得点には結びつかなかったですね。

画像
(C)Mail Online

トーニはほとんど競り勝ってましたし、シュートも打ててたんですけどね~・・・・。
ゴールが欲しい所ですね。
後半にもトーニの落としにうまく合わせたデロッシのヘッドなど決定機はあったんですけどね~。
ゴールに嫌われてますねイタリアは。


ザンブロッタのミスや審判の判定等もあったイタリアですが、ブッフォンのミラクル根性セーブで首の皮1枚つながりましたね。

画像
(C)Mail Online

ルーマニアにしてみればムトゥのPKが決まっていればしてやったりでしが、フランス戦よりは幾分攻めにも来てましたからあと1歩でした。
所々でチャンスもありましたし、ムトゥもザンブロッタのミスを逃しませんでしたしルーマニアとしては想定内の引き分けだったのでしょうかね。

画像
(C)Mail Online

このシュートも一瞬の隙を逃さなかったムトゥらしいゴールでした。
このままうまくいけば3分けでも死のグループを突破する可能性がありますからね。
ルーマニアは消極的な戦い方が「いかがなものか」と言われてますが、この死のグループを抜けるためにはある意味いい作戦のようにも思えます。

イタリア、フランス相手に最少失点で乗り切りのも意外と大変ですからね。


グループCはフランスが負けた事によってグループリーグ最終戦はまさに死闘になりそうです。
勝ち抜けが決まったオランダ以外はどのチームも勝ち上がりが可能ですからね。
ちなみにグループリーグ最終節は現地時間20:45分に同時刻キックオフです。






人気ブログランキングにほんブログ村 サッカーブログ2つに参加中!!
よかったらクリックして下さい。
  ↓           ↓   
   にほんブログ村 サッカーブログ 海外サッカーへ

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

2008年06月14日 20:45
次のフランス対イタリア戦は2006年にも負けず劣らず死闘になりそうですね。

ルーマニアはCBの二人が最後のところでイタリア攻撃陣に自由にさせず、凄く集中してたと思います。攻撃は正直ムトゥ次第のところがありますが..

今日本代表の試合もやってて、本当サッカー三昧の6月ですね(汗)
たふた
2008年06月14日 21:57
>hirosixxさんへ
フランス、イタリア共に後がないだけにかなり見応えのある試合になると思います。
たぶん。

しかしルーマニアが手を抜く可能性が高いオランダ相手に勝つ事も考えられますからね~。
そう言った意味でも目が離せない戦いになりますね。

ムトゥはPK失敗がどうメンタリティに影響するかですね。
なにくそ~!!ってなると恐いです。

そうそう代表のタイ戦やってたんですよね。
思いっきり忘れていて後半からしか見れてないです。(悲
2008年06月14日 22:26
日本代表の事は全く頭にありませんでした。笑

ブッフォンはツェフと並ぶ世界最高のGKの1人ですけど
それにしても、あのPKセーブは本当にミラクルでした!
首の皮1枚で望みをつないだイタリアですが、
最終戦、イタリアもフランスも勝つしかないですからねっ。
本気100%の両国の試合、かなり楽しみです^^
2008年06月14日 22:40
ルーマニアの守備陣はよく集中してましたね。
イタリアの波状攻撃をなんとか防いでいましたし。

イタリアvsフランスはW杯決勝と同じカードなので
選手達の気持ちも高ぶると思いますね。
やっぱりグループCは予想は難しいです・・・
2008年06月14日 22:59
ルーマニアには、この戦い方(カウンター)しかないでしょうね?
そしてオランダも大量得点に目を奪われがちですが、基本的にはセットプレーとカウンター重視の戦い方ですからね。
前評判が高く、常に勝利を期待されているイタリアとフランス相手にはもってこいの戦術だったのでしょう。
2008年06月14日 23:00
普通にトニとデルピエロの2トップでいいような気がしました。ルーマニアは頑張っていますね。
2008年06月14日 23:03
ルーマニアは第1戦よりも良かったですね。ムトゥ以外にも惜しいチャンスはありましたし、台風の目になりそうです。
たふた
2008年06月14日 23:35
>yunapureさんへ
5時ぐらいまでは覚えていたんですが、気がつけば8時すぎでした。(悲

しかしブッフォンの反応の速さは凄いです。
マフラーの力でしょうかね。
最終戦はガチの戦いが見れますから、かなり楽しみです。
唯一の懸念はオランダが多少緩くなりそうな所ですね。
たふた
2008年06月15日 00:27
>銀杏さんへ
ルーマニアはなかなかやりますね。
イタリアはかなりがむしゃらでしたが、あぶなく敗退が決まる所でした。
フランス戦はかなりの激闘が予想されますね。
楽しみです。
たふた
2008年06月15日 00:40
>あやっくすさんへ
ルーマニアの戦い方はこのグループを勝ち抜くのには悪くない戦い方だと思いますね。
イタリアとフランスにはうまくハマってましたしね。
カウンターとセットプレーは非常に効率がいいですからね。
特に最近は奪ってからの速い攻撃が必要ですから、必然的にカウンターが多くなってきますよね~。
それにしてもオランダのカウンターは成功率が高いですよね。
きっちりと決めれる所はさすがです。

たふた
2008年06月15日 00:47
>shimadaさんへ
僕もトーニとデルピエロの2トップでいいような気がします。
ルーマニアは頑張ってますよね~!!
キヴも良かったですし、もう少し攻撃的でもいいサッカーが出来ると思うんですけどね。

この記事へのトラックバック