EURO 2008 グループBの2試合 ~ドイツは勝ちましたが僕は睡魔に勝てませんでした。

この試合もライブでの観戦を目指していたのですが出かける用事があり、ほとんど寝ずに外にいた為さすがにハーフタイムぐらいで爆睡してました。
なので録画を見直しです。

グループBの試合はもう1つのホスト国、オーストリアが登場!!
初戦は強豪クロアチアです。
オーストリアは日本の宮本がプレーしてる事もありゲスト解説してましたね~。
オーストリアの試合はほとんど見た事がないので正直わかりませんが、ホスト国という事もあって不甲斐ない戦いは出来ないでしょうね。

オーストリア【0ー1】クロアチア  【エルンスト・ハッペル】

画像【スターティングメンバー】
【オーストリア】
GK:Macho
DF:Stranzl、Pogatetz、Prodl
MF:Standfest、Aufhauser、Saumel、Gercaliu
FW:Harnik、Linz

【クロアチア】
GK:Pletikosa
DF:Simunic、R.Kovac、Corluka、Pranjic
MF:Modrić、N.Kovac、Srna、Kranjcar
FW:Olic、Petric

【得点】
【クロアチア】
(4') Modrić
【交代】
【クロアチア】
(61') Knezevic (in) → Kranjcar (out) (72') Budan (in) → Petric (out) (83') Vukojevic (in) → Olic (out)
【オーストリア】
(61') Vastic (in) → Saumel (out) (69') Korkmaz (in) → Gercaliu (out) (73') (in) Kienast → Linz (out)



その他サッカーネタはにほんブログ村からどうぞ!!にほんブログ村 サッカーブログ 海外サッカーへ


■得点シーン


クロアチアが1-0と逃げ切るのですが、オーストリアは開始直後での失点だったのでかなり痛かったですね。

前半4分にアウフハウザーがペナルティーエリア内でオリッチを倒してしまいPK。
クロアチアのキッカーは今大会注目とされているモドリッチが難なく決めて先制。
しかしいい度胸してます。ど真ん中に蹴り込んでますからね~。

この失点でオーストリアはリズムをつかめないまま時間が過ぎてしまいました。

■ホスト国の意地!!


前半こそクロアチアの激しいプレスと序盤での失点で押し込まれる時間が多かったオーストリアですが、ミドルシュートやセットプレーなどで徐々にリズムを掴みかけてました。

後半に入るとクロアチアはあきらかに運動量が落ちてカウンターしか攻め手がなかったです。意図的にねらっているようには見えなかったので、前半でのハイペースと初戦のプレッシャーなどがクロアチアにもあったのでしょうかね。

そのクロアチアとは好対照にオーストリアはどんどんペースがあがって来てました。
途中出場したバスティッチ、コルクマズ、キーナストがうまく機能してましたし、終了間際のキーナストのシュート等あと一歩の所までいっていたんですけどね。

シュート数も16本(クロアチアは10本)と打ってはいるんですが、枠外が9本と最後のフィニッシュに精度を欠いてました。
この辺も早い時間にPKで先制されて「失った点を取り返さないと」と思う焦りからとホスト国としてのプレッシャーが働いたからなんですかね。

序盤の失点がなければもう少し違った結末になっていたかもしれないので選手たちも悔しいでしょうね。

次節オーストリアはポーランドと、クロアチアはドイツとの対戦となってます。


続いてドイツ対ポーランド戦を簡単に。

ドイツ【2ー0】ポーランド  【ベルターゼ】

画像【スターティングメンバー】
【ドイツ】
GK:Lehmann
DF:Jansen、Metzelder、Mertesacker、Lahm
MF:Fritz、Frings、Ballack、Podolski
FW:Klose、Gómez

【ポーランド】
GK:Boruc
DF:Golanski、Bak、Wasilewski、Zewtakow
MF:Krzynowek、Tobodziński、Lewandowski、Dudka、Zurawski
FW:Smolarek

【得点】
【ドイツ】
(20')(72') Podolski
【交代】
【ドイツ】
(55') Schweinsteiger (in) → Fritz (out) (75') Kuranyi (in) → Klose (out) (90'+1) Hitzlsperger (in) → Gomez (out)
【ポーランド】
(46') Guerreiro (in) → Zurawski (out) (65') Piszczek (in) → Lobodzinski (out) (75') Saganowski (in) → Golanski (out)



その他サッカーネタはにほんブログ村からどうぞ!!にほんブログ村 サッカーブログ 海外サッカーへ


■得点シーンと試合内容


この試合はドイツが2-0と勝利してます。

先制点は21分。
ラームからのパスをゴメスが引いてもらい、ポーランドの裏へスルーパス。
クローゼが抜け出しフリーでゴール前へ。
そして中央に並走していたポドルスキへ渡し、そのまま押し込み先制します。
ポドルスキは押し込むだけのごっつぁんゴールでした。

クローゼはこのシーンの前にもうまく裏へ抜けて決定的なシーンを作ってますが、ラストパスがずれてしまい得点にならなかったので今度は慎重にパスしてましたね。
ちょっとオフサイドくさかったですけどね。


ポーランドはかなり高いDFラインでしたが、中盤でのプレスを簡単にかわされるとこの失点シーンのように決定機を作られてしまうので、そこまで高いラインにこだわらなくても良かったんじゃないかな~って思いました。
ポーランドほどではなかったですがドイツも結構高いDFラインでしたね。



そして72分。
ゴメスの出したスルーパスは相手DFボールでしたが、途中出場のシュバインシュタイガーが奪い返しクローゼへ。
クローゼのシュートは当たり損ないますが、これがラッキーにも横にいたポドルスキに絶妙なパスになります。
その浮き球を冷静にダイレクトシュート!!
この日2点目となるゴールをポドルスキが決めドイツがポーランドを退けました。


ドイツのちょっと気になった所はDFラインが高すぎなので、裏へのボールを速いFWが狙うような攻撃をされるとメッツェルダーやメルテザッカーのCBでは危ない場面が出てくるのではないかな~って思います。もう少しだけラインを下げて戦った方が連携面の不安も考えたら得策のような気もします。


そしてチェルシーファンの注目バラックはリーグ戦の好調を維持してましたね。
後半ポーランドGKのボルツのファインセーブで得点にはなりませんでしたが、強烈なミドルをお見舞いしてましたしね。この次の試合も注目です!!




ポーランドはサイド攻撃からチャンスを作っていてましたが、サイドからのクロスだけでなく中央へ切り込んでシュートに持っていくなどもう少しバリエーションが欲しかったですね。

ウォボジニスキやジュラフスキやスモラレク、途中から入ったゲレイロなどいい選手は多いのでクロアチア、オーストリアにとっても脅威となるんじゃないでしょうか。

このゲレイロって選手は5月にブラジルから帰化したばかりのポーランドの秘密兵器見たいですね。プラジル人らいしいボールタッチでいいアクセントになってましたから、この選手の使いどころがポーランドのキモになりそうです。





人気ブログランキングにほんブログ村 サッカーブログ2つに参加中!!
よかったらクリックして下さい。
  ↓           ↓   
   にほんブログ村 サッカーブログ 海外サッカーへ

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

2008年06月10日 01:41
オーストリアは開始早々の失点にめげずに、ゲームの大半を支配していましたが、開始早々のPKが痛かったですね。あの場面で落ち着いて真ん中に蹴れるモドリッチはすごいと思いましたが・・・

ドイツは、ポーランドに手を焼きながらも、終わってみればしっかり2得点で、手堅さを発揮していましたね。バラックもチェルシーでの好調さを維持しているみたいで、良いプレーが多かったですね。
ポーランドは、ここの選手は良いものを持ってると思いましたが、それがチームの強さに結びついていない印象でしたね。まあドイツがうまく守ったと言うことでしょうが。
たふた
2008年06月10日 02:18
>ランプスさんへ
モドリッチはスパーズでフィットしない事を願いたいです。(笑
あの若さでゲームを作れるのは凄いです。

ドイツはちょっと苦戦してましたね。
しかし決定力の差が勝敗を分けましたね。
バラックよかったですよね~!!後半の強烈シュートも良かったです。

ポーランドはフィニッシュのバリエーションが少ないのが難点でしょうか。
それでも思っていたよりいいチームでした。
2008年06月10日 12:03
クロアチアの試合を観てないのですが、守備は堅そうな印象ですね。
ドイツ戦は引き気味で試合を進めてきそうな気がします。

ポーランドは観てて結構面白いチームだったんですけど、ストライカーがいないのが欠点でしたね。そういう意味ではストライカーが3人もいたドイツは前線の駒が豊富だと感じました。ドイツの守備はおっしゃる通り、改善の余地ありだと思います…
たふた
2008年06月10日 13:11
>hirosixxさんへ
クロアチアはやはりFWでしょうか。エドゥアルドの不在が大きいのかな。
このへんはポーランドと似てるような気がしますが、個人能力ではクロアチアが高いですね。
ドイツの一抜けは間違いないのではないでしょうかね。
2008年06月10日 18:06
僕もドイツ戦は楽しみにしてたのに見事に爆睡ですよw
次の試合は見逃せない
たふた
2008年06月10日 18:32
>ヴィンセントさんへ
試合と試合の間やハーフタイムの間は視聴者にとって魔の時間帯ですよね。
なぜか必ず睡魔にやられます。
フランス戦も途中で爆睡して起きた時にはオランダ戦の途中でした。(笑

次回からは無理せず録画での観戦も考えないと体が持ちません。
2008年06月10日 22:54
オーストリアは前半の失点が、確かに勿体なかったですね。

ドイツは、ポドルスキーの起用が当たりましたね。
たふた
2008年06月10日 23:44
>shimasaさんへ
本当ですよね~。
ホスト国という事が逆にプレッシャーとなってた見たいですね。
後半の出来を考えるともったいないです。

ドイツはレーヴ監督のポドルスキのサイド起用があたりましたね。
ドイツはFWにいい選手がいますし、グループリーグは楽勝でしょうね。
2008年06月11日 01:11
オーストリアは、サイドからのボールは入るようになってきてたので精度が高ければちょっと怖かったかもしれません。
ゲレイロって選手が、チームに入って浅いからか?上手く使えてなかったのも助かりましたね~。
ちなみに私も3日目はさすがに寝ました!!笑
たふた
2008年06月11日 11:40
>yunapureさんへ
ちょっとクロスの精度やシュートの精度が低かったですね。
点を取りたい気持ちは伝わってきましたけどね。
ゲレイロって元ブラジル人なので、足元は巧いですよね~。
この選手がフィットすると面白いと思います。

寝ましたか~!!
やっぱり連戦はこたえますよね~。
1日1試合で、開始時間をせめて午後3時にして欲しいです。(笑
しかもWOWOWの画面が見づらいから見るのが疲れます。

この記事へのトラックバック

  • EURO2008 第2日

    Excerpt: EURO2008第2日目には、優勝候補筆頭のドイツの入るグループBの2試合がありました。 EURO2008 スイス・オーストリア‐�... Weblog: Blue is my Colour ―蒼き獅子と共に― racked: 2008-06-10 01:36